Skip to Highlights
Highlights

For the English version of this page, see GAO-21-270.

GAO の結論

在日米軍・在韓米軍から得られる国家的、または地域的な安全保障に対する6つの利点
を識別しました。米政府当局者及び検討した関連文書、そして非政府組織の専門家は全
般的言及した利点に同意しました。

日本と韓国に駐留している米軍から得られる安全保障への利点

2016—2019 年まで、アメリカ国防総省は日本に駐留してる米国陸軍、海軍、空軍、海兵
隊を支持するためおよそ209 億ドル(2.4 兆円)の資金を義務付けました。韓国に駐留して
る米軍支持は同様およそ134 億ドル(1.6 兆円)の資金を義務付けました。資金は軍人
員、運用と維持管理、家族用住宅の運用と維持管理、家族用住宅の建設、軍事建設な
ど5つの範疇に分類しました。

日本と韓国に駐留している米軍支援のためアメリカ国防総省支出、2016-2019 年

アメリカ国防総省当局者やDOD から得られたデータによると、2016—2019 年にかけて、日
本政府は責任分担として米軍駐留支援のためおよそ126 億ドル(1.5 兆円)、そして韓国
政府は同様およそ58 億ドル(6701 億円)を直接財政や現物支給など様々な状態で提
供しました。

GAO が本調査を行った理由

アメリカ国防総省と国務省によると、米国同
盟国である日本と韓国からの支援や協力は
地域的・世界的な挑戦課題に対処するため
に不可欠だ。数十年にわたる日本に駐留し
てる約55,000 人の米軍、そして韓国に駐留
してる約28,500 人の米軍は世界最大の前
方展開部隊として両国との安全保障同盟
を支えてきた。アメリカ国防総省は、米軍駐
留を支援するため、年間数十億ドルを支出
し、訓練施設用の数万エーカーから数十の施
設を維持している。

GAO は2020 年度の国防授権法により、
日本と韓国に駐留してる前方展開部隊から
得られる安全保障の利点や暦年2016—
2019 年にかけて関連した費用について報告
するという指示に応答しました。この報告書
は、(1) 日本と韓国に駐留してる米軍から得
られる国家的、地域的な安全保障に対する
利点、(2) 2016—2019 年までの日本と韓
国に駐留してる米軍に対するアメリカ国防総
省資金、(3)2016—2019 年までの日本と
韓国が行った責任分担費用としての直接・
間接的な貢献、を説明している。こうした目
的に取り組むため、GAO はアメリカ国防総
省と国務省の当局者および9名の政府外
専門家にインタビューし、様々な関連文書と
専門家研究を検討し、国防総省から得た関
連費用データを分析した。




































Full Report

GAO Contacts